エコ電化リフォームこれからの時代にあった、人に、環境にやさしいライフスタイル。エコだから、おトクで快適な「エコ電化リフォーム」はじめてみませんか?

ほくでん省エネ推進協力店

  • TOP
  • 蓄電システムリフォーム

蓄電システムリフォーム

電気料金を安くしたい 大切なエネルギーをためて・使うスタイルへ スマートライフに最適な家庭用蓄電システム。

電気料金の安い夜間に電気を貯めておいて必要なときに賢く使う「家庭用蓄電池」。非常時の急な停電や計画停電だけでなく、非常時の昼間の電力ひっ迫時や電力の不足しがちな朝晩の家事などにも、いつでも貯めた電力を活用できる安心・簡単・便利なバックアップ電源で、あなたの家の節電に大いに貢献します。

蓄電システムのメリット紹介

メリット1 電気が安い時に貯めて、電気代を減らせます!

電気料金が安い深夜に蓄電し、電気料金が高い時に蓄電した電気を使用し、時間帯別の電気料金に合わせて、経済的な運転が可能です。コントローラであらかじめ充電時刻と使用時刻を設定しておけば毎日自動で経済的な運転ができます。太陽光発電と組み合わせれば太陽光発電単独の場合より多くの売電が可能となります。

メリット2 貯めた電気を家全体で使えます!

分電盤に接続し、家中の電気製品に電気を供給します。移動などの手間は不要。電力会社の電力や太陽光発電などと連携して、家全体の電気を上手に使えます。

メリット3 深夜に電気を貯めて、電力使用のピークを抑えます!

家庭内の電力抑制だけでなく、地域の電力抑制にも貢献します!電力ピークを常時抑えることで、契約容量を見直し、毎月支払う電気の基本料金を下げることも可能です。また、地域の電力ひっ迫時にも、必要な電気製品を止めることなく運転します。

メリット4 急な停電でも貯めた電気を使え安心です!

急な停電でも困らない440Wを約12時間使用(※使用時間は目安です)できます。
照明や冷蔵庫、テレビ(※3点で440W以内であることを条件)を12時間連続して仕様できるので、停電時にも威力を発揮!
※TOSHIBA/エネグーンの場合

メリット5 目的に合わせて太陽光発電モードを選べます!

太陽光発電との組み合わせの場合、運転モードを変更することで、ライフスタイルに合わせて売電計画を立てることが可能です。

取扱い機種

TOSHIBA/エネグーン 型式名 ENG-B6630A1-N1

東芝ならではの大容量と簡単操作に加え、家庭用太陽光発電やホームエネルギーマネジメントシステムと組み合わせれば、毎日の節電だけでなく余った電気を売電したり、外出先から操作するなど、家庭内のエネルギーを賢く運用することも可能です。

補助金対象機種 蓄電容量※1/6.6kWh 充電時間/通常時:約5時間 急速充電時:約2時間
安心の10年間保証

保証期間内であっても、無償対象外となる場合があります。延長保証規定は東芝ホームITシステムのホームページ
http://feminity.toshiba.co.jp)のエネグーンのページでご確認ください。

-20℃の寒冷地対応 他社の太陽光発電システムとの接続も可能です。

KYOCERA/リチウムイオン蓄電システム 型式名 EGS-LM72A

京セラのシステムは、7.2kWhと14.4kWhの2種類。また品質を重視した自信作で、電気自動車にも採用される高い技術の充電機と、数々の世界基準に準拠したリチウムイオン蓄電池を搭載しています。

補助金対象機種 蓄電容量※2/7.2kWh(増設ユニット利用で14.4kWh) 充電時間/急速充電時:3時間
安心の10年間保証

蓄電池は、4,000サイクルの充放電後(1日1サイクルとして10年以上に相当)も残存容量80%を維持します(京セラ調べ)。さらに安心の10年保証で、先々まで安心してお使いいただけます。

-20℃の寒冷地対応 他社の太陽光発電システムとの接続も可能です。

※1:電気機器が実際に使用できる電力量は、電力変換損失(定格出力時約10%)分だけ少なくなります。

※2:放電深度80%で使用。初期値での最大使用可能容量の目安は約5.4kWhとなります。増設ユニットの場合は、約10.8kWhになります。

補助金対象機種 補助金上限100万円※ 平成25年度 定置用リチウムイオン蓄電池 導入支援事業費補助金が支給されます。 補助金詳細については、一般社団法人 環境共創イニシアチブのホームページ(http://sii.or.jp/)をご覧ください。
蓄電システムお取り扱いメーカー
  • TOSHIBA
  • KYOCERA
詳細はこちら