エコ電化リフォームこれからの時代にあった、人に、環境にやさしいライフスタイル。エコだから、おトクで快適な「エコ電化リフォーム」はじめてみませんか?

ほくでん省エネ推進協力店

  • TOP
  • 太陽光発電設置前のチェックポイント

太陽光発電設置前のチェックポイント

近年は、ecoに対する意識が高まっており様々な発電方法が実践されています。そして、太陽光発電を導入するご家庭が、徐々に増えています。太陽光発電を設置しようと考えているご家庭では、設置に関して少し不安という声もお聞きします。そのようなご家庭のためにも、こちらでは、太陽光発電設置前のチェックポイントをご紹介していきます。

設置の理由・目標

まず、太陽光発電システムを設置する目的やメリットなどを明確にする事が大事です。それによって、検討すべき課題やシステムの設計内容が変わってきます。設置する理由として「電気料金を削減したい」「発電して余分にできた電気を売電したい」といったものが挙げられます。

屋根の面積・向き・角度

発電量を決定付ける要因として「ソーラーパネルの設置面積」があります。設置面積分以上の発電は行う事ができないため、作れる電気の量というのは設置する屋根の大きさと直接関わる事になります。
また、最も効率的に太陽のエネルギーを取り込むには、太陽光をソーラーパネルに正面から当てる必要があります。太陽光を正面で受けやすいパネルの理想的な傾斜角は30°とされているため、その角度から離れるとその分発電量は減少する事になります。

そして、ソーラーパネルを設置する屋根の向きが最も大事になってきます。
時間と共に太陽の位置は変化し一日単位でもその軌道は変わりますが、真南が最も太陽光を受けられる方角とされています。

上記の二つが、太陽光発電設置前の重要なチェックポイントになります。
このような事を踏まえた上で、太陽光発電の設置を検討してみて下さい。
太陽光発電設置をお考えの方は、札幌にあります当社にご依頼下さい。また、補助金や価格に関する相談などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細はこちら