エコ電化リフォームこれからの時代にあった、人に、環境にやさしいライフスタイル。エコだから、おトクで快適な「エコ電化リフォーム」はじめてみませんか?

ほくでん省エネ推進協力店

  • TOP
  • ヒートポンプの仕組みについて

ヒートポンプの仕組みについて

最近ではヒートポンプがエアコンや冷凍冷蔵庫など様々な用途で使われており、耳にする方も前より増えてきている事でしょう。
そこで、こちらではヒートポンプの仕組みなどについてご紹介していきます。

ヒートポンプとは

ヒートポンプを日本語にしてみると「熱を汲み上げる」という意味になります。
熱を移動させ、熱を取り出し、その熱を利用する仕組みがヒートポンプです。
物質は液体から気体に変化(気化)する時に周辺から熱を奪います。一方、気体から液体に変化(凝固)する時には周囲に熱を放出するのです。

この自然現象を利用する事によって空気熱を汲み上げ、また、それを加熱・冷却する事で効率的にエネルギーを利用する事が可能になるシステムです。このように、少ない投入エネルギーを大きなエネルギーに変換できる事から、身の回りにある様々な電化製品に利用されている省エネ技術でもあります。

ヒートポンプの仕組み

ヒートポンプ内には圧縮機があります。気体の冷媒をこの圧縮機で高圧縮します。圧縮された気体は高温のまま、次の工程に移動します。次は凝縮器で熱を放出させます。この工程で熱を取り出します。エアコンで使用される暖房の熱源はここで取り出した熱を使用しています。そして、凝縮器によって熱を奪われた気体は液体に変化(凝固)します。

次は熱を汲み取る部分です。液体になった冷媒を蒸発器に移動させ、高圧を保っていた圧力を低下させます。圧力が低下した冷媒は、液体から気体へ変化します。この時、膨張する事で温度が急激に下がります。ここが熱の汲み取り部分になります。エアコンでいう冷房などに使用されます。

ヒートポンプは、このような仕組みを活用しています。
寒冷地の札幌にあります当社は、ヒートポンプを用いた温水暖房を取り扱っております。電気の使用量を抑える事ができるため、毎月の電気代がお得になります。また、価格や設置に関する相談やお問い合わせも承っておりますので、お気軽にご連絡下さい。

詳細はこちら